石垣島の八重山そば

Pocket

沖縄そばはそば粉を使っていないため、「そば」と名乗るにはいくつかの条件が設けられ、その条件のもとにそばを名乗ることになっています。この条件(定義)には、沖縄県内で作られたものであること、小麦粉の性質、水やかん水の割合、麺の厚さなど細かい決まりが含まれています。

また、沖縄そばとひとくちにいっても、多くの島で形成されている沖縄では、それぞれの地域で異なる進化を遂げたそばが存在します。その中でも特徴的なのが八重山そばと宮古そばで、その他にも商標や店名として大東そば、久米島そば、名護そば、首里そば、那覇そば、与那原そば、山原そばなどと呼び分ける場合があります。

八重山そばは、沖縄本島から南西方向に400キロほど離れた八重山諸島の名物で、八重山地方の中心である石垣島でも味わうことができます。一般的な沖縄そばと製法は同じですが、細めで縮れのないストレートな麺が特徴です。

スープは豚骨とカツオのだしで、ほんのりと甘みがあるのが特徴です。具は醤油で煮た豚の赤身肉とカマボコを細切りにしたものを乗せます。沖縄本島では紅ショウガを添えることが多いのですが、八重山地方ではあまり用いられず、好みに応じてピパーツという島胡椒を入れて食べます。

沖縄の離島を訪れる際は、地域ごとに異なる「沖縄そば」をぜひ楽しんでみてください。

Pocket